チェンバロ保守の為に・・・。

私は、古楽研究会Origo et Practica(通称オリゴ)に所属しています。今日は、そのオリゴからのお願いをアップします。

オリゴのSpace1Fはオープンして7年、チェンバロとフォルテピアノを備えた、小さいながらも響きのよい演奏会場として、オリゴの主催コンサートや発表会・講座のほか、レンタルスペースとして皆様にお使いいただいています。
その空調を担っている2台のエアコンのうち、1台がこわれてしまいました。メーカーサーヴィスの見立てでは、室外機が経年で内部のさびが進み冷媒ガスが全部漏れたとのこと。修理部品がもうわずかなので、修理よりも新規購入を勧められました。今はまだ動いているもう片方も機械が経年劣化しているのは同じ、止まるのは時間の問題、とのことです。とにかく、猛暑を前に動くようにしなくては、と、やりくりしてやっと修理をしたのですが、13万円もかかってしまいました。

ご存知のように、チェンバロを良い状態に保つためには、室内の湿度と温度を保つ必要があり、エアコンが必須です。おまけに天井が高い為2台必要で、まだ動いているもう1台も近々止まるというのでは、買い替えを考えなければなりません。調べると、埋め込み式は機種が少なく、本体だけの税抜定価で44万円余り!もうそのような手持資金はありません。

そんな時、READYFOR?というクラウドファンディングを知り、さっそく、登録することにしました。クラウドファンディングとは「インターネットを介して不特定多数の個人から支援金を集めるサービス」です。
掲載メディアはこちら https://readyfor.jp/media

参考URL
古楽研究会 Origo et Practica  http://www.origoetp.gr.jp
古楽研究会Space1F  http://www.space1f.com

公開予定=7月30日午後3時、
実行者=古楽研究会 Origo et Practicaの川合由美子
プロジェクト名「チェンバロのあるSpace1Fのエアコンを1台買い換えたい!」
達成金額50万円のプロジェクトにしました。
購入費と消費税、施工費、リサイクル料を合わせた金額設定です。

この支援金額を達成できれば、1台だけでも買替え、空調維持が可能になります。
楽器を守る為に…来場の方々が快適に過ごせるように…さらに3年以上毎月第3土曜に開催している<東日本大震災チャリティ ワンコイン・コンサート>もまだまだ継続、被災地支援の為に…プロジェクトに参加していただき皆様のご支援をいただければ幸いに存じます。

プロジェクトに参加とは、以下のアイテムをご購入いただく形になります。
支援金額と購入アイテム
・3,000円
 東日本大震災チャリティワンコインコンサート<入場パス>3月まで何回でも有効
・10,000円
 東日本大震災チャリティワンコインコンサート<入場パス>3月まで何回でも有効
 <鍋島元子CD>1枚(5種の中から選択)
・30,000円
 東日本大震災チャリティワンコインコンサート<入場パス>3月まで何回でも有効
 <鍋島元子CD>1枚(5種の中から選択)
 演奏付き「チェンバロ見学会」おひとり様ご招待券
・50,000円
 東日本大震災チャリティワンコインコンサート<入場パス>3月まで何回でも有効
 <鍋島元子CD>2枚(5種の中から選択)
 演奏付き「チェンバロ見学会」ペアご招待券

2014年7月30日午後3時、公開されましたら、是非ご覧ください!
https://readyfor.jp/projects/space1f

TK の紹介

ソロ、通奏低音でのチェンバロ奏者として活動を展開しています。古楽研究会所属(代表、講師)、音楽三昧メンバー、日本チェンバロ協会正会員。チェンバロに関するご相談にのります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です