通奏低音その1

チェンバロのレパートリーの中で、ソロよりも多くの割合を占めるのが、通奏低音である。 もちろんソロの作品も多いのだが、他の楽器の独奏曲、トリオなどのアンサンブル曲、またオペラなど、他の楽器たちとのアンサンブルに通奏低音とい … 続きを読む

ぽぽちゃん

今日、ちょっとお昼まで外で用事があって、家に戻り、鍵を開けていると隣の家からなにやら「クンク~ン」と声が。 柴犬のポポちゃんが呼んでます。 普段は、あまり鳴かないけれど、怪しげな人がくると、急に番犬になる。 で、この声で … 続きを読む

ヴッパータール交響楽団

この間の日曜日、つくばまで事情があって、ノバホールで行われるコンサートにいってきた。 私は普段、バロック音楽をやっているので、その対極にあるようなオーケストラの演奏会はほとんど行かない。というか、行く時間が無い。 今回の … 続きを読む

格言

前回の写真のチェンバロは私の愛器。 これは、フレミッシュ・タイプ・ハープシコード(英語なんでチェンバロはハープシコードとなる)で、埼玉県にお住まいの楽器製作家 柴田雄康氏が作った楽器。 フレミッシュとは、フランドル地方の … 続きを読む

新潟、上越でのコンサート

10月6日7日と新潟に行き、コンサートを行ってきました。 両日ともプライヴェートなコンサートであったため、広くはお知らせしませんでしたが、少し報告を。 もともとは7日に、個人宅で2台のチェンバロによるデュオコンサートのみ … 続きを読む